佐藤 麻績( さとう・おみ )
昭和13年(1938年)東京都生まれ
昭和58年進藤一考に師事「人」入会
平成3年「人」編集長
平成16年より「人」主宰
現在、俳人協会評議員
千葉県俳人協会幹事
主な著書 / 
句集「揺曳」、句集「寒干し」
句集「はじめの石」
句集「冬林檎」
句集「つばらつばら」
主宰の近詠

 月鈴子 

稲刈りし後の田面のいたいたし
川一本ただ流れたり草紅葉
穂芒のひかりを奪ふ腕時計
涙など出るはずもなし梨を剥く
秋すだれ傾ぎてしかとわが家風
目印にされてゐるらし木練柿
秀野の忌鶏頭の丈低くして
風すぎて月射すを待つ草の家
新綿のわづかなれども人を呼ぶ
抽斗は空でありしが月鈴子